日本酒は育毛に良い?

日本酒も育毛に良いアルコールのようです。
日本酒の育毛効果を発揮してくれる成分は、「α―グルコシルグリセロール(α―GG)」です。
この成分は胃の知覚神経を刺激して、髪の毛の生成を促進するIGF-Iを増加させてくれます。
ところで、日本酒は冷やして飲む方も少なくないでしょう。
逆に、温めて飲む方も多いものです。
育毛に良いのはどちらだと思いますか。
実は、熱カンの方です。
育毛対策では頭皮を温めて血行を良くすることを意識することが多いですよね。
これと同じことで、日本酒も温かい方が知覚神経を刺激しやすいのです。
もちろん、日本酒は飲むだけでもOKです。
ただ、飲むだけだと適量があるので、十分な量飲むことは不可能ですよね。
適量は1日に1~2合なのですから。
こんな時は、日本酒を育毛剤代わりに使用しても良いですし、酒風呂として利用しても良いでしょう。
育毛剤代わりに使用するなら、温めた日本酒を約50倍ほどに薄めたものを頭皮に塗るだけでOKです。
酒風呂として利用するなら、日本酒を約50倍に薄めた風呂を若干温かい温度に設定して入浴しましょう。
風呂で使用したお湯は、使用してからそのまま捨ててしまうのはもったいないですよね。
酒風呂に使用したお湯をタオルに含ませて、頭の上に置くのも育毛剤代わりになります。
このように日本酒は、育毛対策として色々に活用できますよね。
ただ、日本酒好きな方であれば、日本酒ばかりを飲むのでも良いでしょうが、そうでなければ飽きるかも知れませんね。
日本酒の他には、ビールや赤ワインなどのIGF-Iを増加させてくれるアルコールがあります。
このようなアルコールを上手く活用して、日本酒と交互に取り入れてみるのも良いでしょう。
ちなみに、ビール、赤ワインも、それぞれ日本酒とは違った育毛成分の効果が期待できますよ。
色々なアルコール成分で頭皮や髪の毛にアプローチしていくのも、アルコール好きの方なら楽しめそうですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ