AB型の薄毛対策

AB型の方は、全ての血液型の中でもっとも薄毛になりにくいと言われています。

ただ、あくまでも傾向なので、薄毛になる方も少なくありません。

決して「AB型だから大丈夫!」と言う油断は禁物です。

親や祖父が薄毛ではなく、生活習慣も食生活もヘアケアも完璧にこなしていると言うのなら、多少は油断していても大丈夫そうですが、さすがにここまで完璧にこなしている方は少ないでしょう。

それで、AB型の方が薄毛になるとしたら、前から症状が進んでいくだろうと言われています。

前髪の症状は、「ジヒドロテストステロン」と言う男性ホルモンによる影響を強く受けやすい部分ですよね。

脱毛症状を進行させる男性ホルモンは、親から受け継ぐ体質的なもので多く生成されることもあります。
それだけではなく、生活習慣や食生活などで頭皮の健康状態が悪くなって、育毛を妨げる男性ホルモンが多く生成されることもあります。
AB型の方の性格と言えば、一言で言うと変わり者です。
「筋が通っていないと駄目。」と言う方が多く、薄毛の対策も原因と合わせて真剣に考える傾向にあります。

効果重視で対策に動き出す方が多いのですが、あまり真剣に考えすぎても対策を進める前に薄毛が進行してしまう危険性があります。

「将来的に薄毛になりそう。」と思った時から、少しずつ自分に合った薄毛の対策法について考えていくと良いでしょう。

一度はクリニックに診察を受けに行って、自分の薄毛の症状を医学的に詳しく知れば安心して対策に取り組むことが出来そうですね。

クリニックでは視診や問診だけではなく、血液検査や遺伝子検査など様々な方向から頭皮や髪の毛をチェックして薄毛の原因を特定していきます。

クリニックの検査に関しては確実性が高いのですが、医薬品による対策を勧められることが多いものですよね。

もちろん、医薬品が必ずしも悪い訳ではありません。
副作用の危険性があることには違いないので、効果と安全性のバランスについて冷静に考えつつ、出来るだけ安全性の高い対策を選択することをお勧めします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ