全ての血液型の薄毛の特徴は?

血液型に悩む人

日本では血液型の話は、物凄く盛り上がりますよね。
(※A型は神経質で、B型は自己チューなど)

最近は、出産の時に血液型を教えてくれる産婦人科は減っているようですね。

何かの機会がない限りは血液型を調べることは無いので、気になっているお子さんの両親は多いようです。

間違った血液型を教えられるよりは良いのでしょうが、血液型の話題もどんどん減って行きそうですよね。
ところで、嘘か本当かは分かりませんが、血液型によって薄毛の症状が異なると言うようなことを聞いたことはありませんか。

薄毛の症状が親からの遺伝の影響を大きく受けやすいのは分かりますが、さすがに血液型の影響を受けるものだとは考えにくいですよね。
でも、4つの血液型の特徴を見てみれば、周りの人を見て「確かに!」と思う部分もあるかも知れませんね。

まず、もっとも薄毛になりやすいのは、どんな血液型なのでしょうか。

O型の人は頭頂部から症状がスタート

薄毛を応援する人

実はO型と言われていて、O型の人は頭頂部から症状がスタートして全体的に薄毛が進行する可能性が高いようですね。
血液型と薄毛に関する情報を載せているサイトは色々あるものの、どのサイトでも「O型ははげる。」なんて言う書き方がしてあります。

次に薄毛になりやすいのがB型のようで、まばらに薄毛の症状が進行すると言われています。
その次がA型で、前髪から薄毛の症状が進行して、最終的に前髪は産毛状態になって後ろの髪の毛だけが残ると言われています。
もっとも薄毛になりにくいのが、AB型と言われています。

AB型に薄毛の人が少ないものの、薄毛になるとしたら前から症状が進みそうです。
これはあくまでも傾向に過ぎないので、当たっているとは限りません。
ただ、自分の周囲と照らし合わせてみると、何となくこんな方が多いと思いませんか。

どの血液型にしても、後頭部や側頭部を中心に薄毛の症状が進行することはなく、頭頂部や前髪の生え際を中心とした薄毛の症状になっています。
結局は、どの血液型でも男性型脱毛症はあると言うことなのかも知れませんね。

育毛剤を使うことも特には大事?!

血液型は生まれ持ったものなので、変えることはできません。
ですが、育毛剤などを利用することで薄毛の防止を期待でますし、また少しだけ回復を期待できることもあります。

ちなみに、以下のURLサイトで育毛剤について解説しているので、ぜひ、ごランクになってください。

PR:WiMAX キャンペーン

PR:一人暮らし インターネット

サブコンテンツ

このページの先頭へ